ストラテラの効果時間

ストラテラは服用して効果が出るまでどれくらいの時間がかかるのか?ADHDへの効果とは!? - ストラテラの脳への働きと歴史

ストラテラの脳への働きと歴史

ADHDの原因は脳内物質であるドーパミンとノルアドレナリンの低下だと言われています。
そのため、従来のADHDの治療薬は中枢神経刺激薬として、直接中枢神経を刺激する作用がありました。
しかし、それだと効果がありますが、依存性が高く副作用も気になるという事で新しく治療薬として注目を集めている薬がストラテラです。では、ストラテラはどのような作用があるのでしょうか?

ストラテラは脳でどのような作用があるのか?

ストラテラは、中枢神経刺激薬ではありません。
ですが、服用する事で脳内物質であるノルアドレナリンの濃度を増やす作用があります。
なぜストラテラを服用すると、ノルアドレナリンの濃度が増えるのかというと、ストラテラにはノルアドレナリンが吸収されるのを防ぐ働きがあるからです。吸収されなければ脳内に長く留まる事が出来、その結果濃度が高まるという訳です。
しかし、ストラテラにはドーパミンを増やす作用はありません。
それだとADHDは改善しないのでは?そう思う人もいるかもしれません。
確かにストラテラには、ドーパミンを増やす作用はないのですが、ノルアドレナリンの濃度を増やす事で、ノルアドレナリン系の神経がドーパミンの分泌に関わっているため、間接的にドーパミンの分泌も増えるという訳です。
しかしあくまでも間接的な関わりにすぎないので、ドーパミンがもつ依存性にか影響せず。ストラテラは依存性がない薬として非常に有効的な薬だと言えるのです。

ストラテラの歴史について

実はストラテラの薬の開発は、うつ病の治療薬としてスタートしました。
脳内物質のノルアドレナリンが増える事で、うつ病の症状が改善されるだろうと考えたからです。
そしてストラテラは、脳内物質のノルアドレナリンの濃度を増やす効果があると認められました。
しかしながら、うつ病の治療薬としては、臨床試験の結果有効性がないと判断されてしまったのです。
このままでは、薬として失敗に終わるところでしたが、ADHDの原因がノルアドレナリンの減少に関係がある事が分かり、ADHD治療薬として臨床試験を行ったところ、治療効果があると判断され、無事ADHD治療薬として、服用される事になったのです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  

アーカイブ